春の前のひと嵐~ビジネススクールのゼミ選考
私の通っているビジネススクールでは、2年生になると、それぞれが研究したい分野の先生のゼミに入り、修士論文の指導をしてもらうことになる。そのゼミ選びが先週から始まり、今まさに「たけなわ」という状況にある。

どんな具合かというと・・・
まず先生方から、募集人員や研究分野等を説明する機会があり、その後「オープンドア」といって、先生と話をする期間がまず約1週間設けられる。そして解禁日になると、先生から直接「内定」をもらうという次第だ。

オープンドアに際しては、自分の研究したいテーマと、今までの仕事の略歴を紙で持って行く。そして先生と生徒が相性があうか、どれくらいお互いが「本気」なのか、といったことを量る機会となる。

学生は18時くらいになると、図書館のあたりで井戸端会議をし、情報交換。そして当の生徒だけでなく、先生方も大変ナーバスになっている気配もするのだった。これはもう「就職活動」か、または「お見合い」の世界に近い!

取る側の先生にも沢山言い分があろうが、生徒は生徒で色んな側面から、希望ゼミを選ぶために思い悩む。自分のやりたいこと、先生と生徒の距離感、指導に対する熱意、先生の実績、OBとの絆、ゼミ出身者の就職状況、予想されるゼミメンバーのメンツetc...

さて昨日の真夜中0時から内定解禁となり、先生から生徒に対し、「うちのゼミに来てください」といった趣旨の連絡が始まった。快い自主性のもと、ヤフーの投票機能をつくってくれる学生がいて、ゼミが決定した人が票を投じ、みんなに空き状況がわかるようにしてくれた。また仲間内でメールや電話、チャットでの情報交換も始まった。「××さんは△△ゼミだろう」、「○○さん、おめでとう」といった具合。

この状況を、「まるでマーケットが開いて、閉じる・・・みたいな現象」と、うまいことを言う人がいた。

第一希望のゼミに残念ながら落ちてしまった人は、空きのあるゼミに行くことになり、新たなラウンドが始まるのだ。しかしながら、「例え第2希望以降のゼミだとしても、結果的にその人に合うところに行くものなんだよね、不思議と・・・」という先輩の話もあり、第一希望に落ちたからといって、落ち込む必要はないと思う。単純に「縁」のものであり、前向きな気持ちこそがすべてをよい方向に変えていく。

この嵐が去り、みんなが揃って落ち着くのはもう少し先みたいだ。
[PR]
by small-cherry | 2005-02-20 14:04 | ビジネス
<< 久しぶりに・・・ 〈続編〉花粉症との悩ましき戦い... >>