私のこだわり~気に入った靴たちとの付き合い
「街には靴の修理屋さんや、靴磨き屋さんが並んでいて・・・」というのは、母から聞く、若い頃の昔話。しかしそのような修理靴屋さん、靴磨き屋さんは、今はもうない。なぜそんなことを書いたかといえば・・・今日は地元の靴修理店に、靴底が磨耗してきたブーツを何足か出してきた。私は寒い冬場はブーツを履くのが好きだ。何せ防寒性があるのと、ファッション性を意識する。丈はロングにショート、素材は牛革、スエード、型押し、エナメル・・・着る服の色や長さ、パンツ、スカートなどによって、履き分けをする。ブーツが好きだから、年々増えてきてしまったのであるが、1番長く履いているもので、10年は経っているだろうか。

ショッピングビルやスーパーには、「ミスターミニット」のようなスピード修理してくれるお店があり、磨り減ったかかとや、滑り止めを貼ったりしてくれるところは重宝する。
しかし、靴の横幅や、左右の靴の当たり具合といった微妙な調整は、そういうお店ではやってもらえないし、さらに革靴の破れた糸目を縫製しなおしたり、磨り減った靴底をなおしてくれるお店というのは、今となっては滅多にないのが残念である。

靴の価格が安くなり、「使い捨て」する感覚で靴を履く人が増えたので、「靴修理」は商売にならなくなり、街の靴修理店は廃業をしていった。(年始にV6の岡田君が出ていた「冬の運動会」というドラマにも、靴修理店のご夫婦が登場したが、世の変化に押され廃業し、姿を消してしまったなぁ)今や、靴を大事に履くという人は少なくなってしまったのだ。

なるほど、街中を歩く女性の靴を見ると・・・パンプスやミュールのつま先は摺れて色あせ、かかとの先が、パイナップルの葉の様に割れていたり、かかと本体に波及して金属が潰れてまで履いているのを時々見かける。履けなくなったら、捨てるつもりなのだろうけれど、潰れた靴はみっともない上に、腰や膝を悪くしてしまう。申し訳ないのだが、安価でかつ質の悪い靴を履くと、かかとがすぐに磨耗しやすいのだ。(20歳ごろの自分の経験から)

「使い捨て」の靴よ、さようなら・・・社会人になり、お給料がもらえるようになってから、私は長く履けるような靴を買うようにしている。履き心地や素材、安定感・・・「良質な靴」(これはブランドや値段に関係なく、探せば得てして見つかる。高いからいいというわけでもないことも、随分勉強した)は、手入れさえすれば実に長く持つものだ。インソールが汚れてくれば、メーカーもしくは修理店で取り替えてくれる。(ブランドのロゴが入ったインソールは、ブティックに持っていけば、割と安価で取り替えることができる。接待で予期せずお座敷に上がって靴を脱ぐ際にも、汚い中敷を人に見られて恥ずかしい思いをしなくて済む)かかとのゴムが磨り減ったら、かかと本体に波及する前に修理する。革の汚れは早めに落とし、シュークリーナーで時々磨く・・・、そんなことを心がければ、10年以上靴は持つ。

大量消費の世の中とはいえ、気に入ったものを長く使うことって大事なことだと思う。それに「本当におしゃれな人は靴を見ればわかる」というのは、ある意味当たっているから、好きな靴は手入れをして長く付き合いたいものだ。

≪忙しい方へのアドバイス≫
因みにLVやグッチは、リペアサービスやカスタマーサービスが「配送」でも修理受付をしてくれるので、忙しくてお店に行く時間がない方には便利。高級ブランドでなくとも、そのように受け付けてくれるところが多いので、1度問い合わせてみると良いのでは。
[PR]
by small-cherry | 2005-01-10 14:12 | 極めて個人的な所感
<< 明川哲也さん(元ドリアン助川さ... 韓国旅行記 >>