クリスマスツリー @ 立教大学 in 池袋
あとわずかで12月。
クリスマスのイルミネーションで、街の雰囲気がそれらしくなってきている。

週末、地元のターミナルビルのカフェでお茶をしていたら、
「クリスマスリース教室」を開いていた。
もみの枝をデコレーションしたりして、3時間くらいで作れるものらしく、
何人かの女性が一生懸命作っている景色が見え、しばらくすると教室が
終了し、参加者は方々に散っていった。

「あの人たちは、気持ちのこもった暖かいものを持ち帰るんだな~」と思い、
いろんな光景を想像してしまった。

たとえば家に帰って、あったかいミルクティーを飲みながら、自慢の作品を微笑んで見ている様子とか、袋の中からリースを取り出して旦那さんや子供の歓声が上がっている様子だとか、ちょっと空想に入ったのだった。

キリスト教を信じる人が多い国とは違って、日本のクリスマスは商業的ではあるけれど、
それでも人の心の中に、誰かを思ったりする気持ちが芽生えることがあるだけで、
結構意味のある季節なんじゃないかなと思うようになってきた。

それは恋人に限ったものではなく、小さいときにもらったクリスマスプレゼントのことを
思い出して、遠くにいる両親のことを考えるとか、ミッション系の高校に教会があって、一緒に隣で賛美歌を歌った友達のことを思い出すとか、または異国で戦争の中にあって、クリスマスが祝えない人のことでもいい。そういう瞬間を持てることが、クリスマスの1つの意義でもあるんじゃないか。

華美ではないけれど、ステキなクリスマスツリーを紹介したい。
それは池袋にある立教大学のツリー。池袋駅から西口を出て、立教通りをまっすぐ進みと、
左手の闇の中に見えてくる。喧騒の街から切り離された空間。
(実は今日が点灯式で、多分18時ごろ、学生たちが「きよしこの夜」なんかを歌いながら、
明かりがともされる)
Rikkio Univ
(きれいな2本のツリーが池袋キャンパスのツリーです。
→更にHP真ん中のWhat's newの12/6更新「クリスマス行事」をご覧ください。学外の方も参加できる行事がのっています。教会の礼拝や、メサイアにチャペルコンサートなんかもいいですよ。注:池袋キャンパスと新座キャンパスでの催しに分かれているので、場所をちゃんとチェックしてくださいね。)

卒業生の長島一茂も、プロ一年目にこのツリーを見にきている。
(なんでそんなことを知っているかというと、池袋の地下道で「ツリーついている?あれ、見ないとね!」って私の友達に聞いてきたから。)

もしこのブログを見たことがきっかけで、ツリーを見に行ってくれる人がいたらすごく嬉しい。

今年もふらりとツリーを見に行くつもりだ。そしていろんな人のことが去来するのかな。
[PR]
by small-cherry | 2004-11-29 17:07 | 季節もの
<< 韓国ブームの裏にあるもの 山崎貴監督の次回作発表! 「三... >>